文芸専修夏季講演会の報告

7月9日に、2005年度文芸専修夏季講演会として、小説家の桐野夏生氏と松浦理英子氏の対談 「文学にとって〈魂〉とは何か」 を開催しました。

300人収容の教室は満員になり、立ち見も出るほどの盛況でした。
秋にも講演会を予定しておりますので、ご期待ください。


d0033545_1785465.jpgd0033545_1784244.jpg
画像はおふたりの最新作。桐野夏生 『魂萌え!』、松浦理英子 『裏ヴァージョン』

リンク:
桐野夏生ホームページ BUBBLONIA
松浦理英子ファンサイト あなたにしか感動しない。
[PR]
by waseda-bungei | 2005-07-15 17:14 | 講演会