変"漢"ミスコンテスト (青山南先生)

ワープロの変換ミスは、いまや、ありふれた光景となって、悲しいなあ、と思ってましたが、このほど発表された漢検主催の「変漢ミス・コンテスト」の結果をみて、考えが変わりました。

変換ミスは、言葉遊びの世界に直結しているんですね。言葉の音のもつおかしさがあらためて楽しめます。パソコン、バカにできません。

いままでのコンテストの結果も読めます。言葉の豊かさを味わってください。

https://www.challenge-net.jp/henkan/

コメント:ワープロの変換ミスをねたにした小説に、清水義範の 「ワープロ爺さん」 (『永遠のジャック&ベティ』 所収) があります。おもしろいです。(助手・辻村)
[PR]
by waseda-bungei | 2005-09-16 10:20 | ことば