次回講演会にかんして (青山南先生)

青山南先生より、次回講演会 (12月3日) の講師、蜂飼耳先生とアーサー・ビナード先生についてのご紹介をいただきましたので、掲載いたします。



d0033545_1234829.jpg 蜂飼耳さんのエッセイ集 「孔雀の羽の目がみてる」 は、本を手にとると、ふつうの本と持ったかんじがかなりちがうのに気がつきます。とてもおもしろい造本なのです。その本を装幀した菊地信義さんのその本の造りについての興味深い文章です。蜂飼論でもあります。
http://www.slbc.jp/report/essay/essay-104_02.html





d0033545_12374398.jpgアーサー・ビナードさんのエッセイ集 「日本語ぽこりぽこり」 には、ここのウェブサイトに連載されていたものもたくさん収録されています。ことばにどんな視線をむけるとことばが見えてくるのか、ヒントがいっぱいです。バックナンバーも読めます。
http://www.web-nihongo.com/column/tsuredure/index.html




どちらの本も、文芸専修室にありますので、ぜひ読みにきてください。

講演会についての詳細はこちらをごらんください。
[PR]
by waseda-bungei | 2005-11-18 16:51 |