文芸専修冬季講演会のお知らせ

d0033545_4472770.jpg

北村薫+星野智幸
「ここをこうすれば、小説ができあがる」


2006年12月9日 (土)
早稲田大学 戸山キャンパス
38号館 AV教室
14:30 開場 15:00 開演
入場無料



12月9日 (土)、2006年度文芸専修冬季講演会として、文芸専修でも教鞭をとられている、小説家の北村薫先生と星野智幸先生の対談 『北村薫+星野智幸―「ここをこうすれば、小説ができあがる」』 を開催します。
お二人の授業は本年度が最後となりますので、このまたとない機会に、ぜひ足をお運び下さい。


講師紹介:
北村薫 - 1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。在学中はワセダ・ミステリ・クラブに所属。卒業後、母校である埼玉県立春日部高等学校の国語教師をしながら、1989年覆面作家として『空飛ぶ馬』でデビュー。
1991年に『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞(連作短篇集賞)を、2006年に『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)・2006年版バカミス大賞を受賞する。本格ミステリ作家クラブ設立時の発起人の一人であり、初代事務局長を務める。2005年、同クラブの会長に就任。

星野智幸 - 1965年ロサンゼルス生まれ。早稲田大学第一文学部文芸専修卒。1988年から1991年にかけて産経新聞社の記者。その後メキシコへの留学、字幕翻訳者を経て、1997年に「最後の吐息」で第34回文藝賞を受賞、作家デビュー。
2000年「目覚めよと人魚は歌う」で第13回三島由紀夫賞を受賞。2002年「砂の惑星」で第127回芥川賞候補、2003年『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞を受賞。2007年度、第31回より、すばる文学賞選考委員を務める。

なお、講演会終了後に、講師のお二人をまじえて戸山カフェテリアにて懇談会 (会費1500円) を予定しております。どなたでも参加できますので、こちらにもぜひお越しください。

リンク:
北村薫紹介ページ 文芸専修教員紹介
星野智幸ホームページ 星野智幸アーカイヴス
[PR]
by waseda-bungei | 2006-11-16 04:57 | 講演会