Factory Girl

d0033545_16184139.jpg



ウォーホルのミューズ、
「気が遠くなるほどの長い脚の持ち主」(by 《ヴォーグ》誌)、
イーディ・セジウィックという伝説の女性をご存知だろうか?
この1960年代アメリカンカルチャーのシンボル、
イーディの伝記映画、

『Factory Girl』 が

4月19日から公開されます。

まさに「女工哀史」的な波乱に満ちた、
たった28年の生涯(美人薄命!)を描いた作品だそうです。

映画に関しての詳細は
 ここ
なお、4月2日まで、ここで試写会の申し込みができます!


またイーディその人に関しては
『イーディ : '60年代のヒロイン 』
ジーン・スタイン、ジョージ・プリンプトン 著
青山南他訳
筑摩書房、1989年
(しかも3月末に復刻!)
を参考にしましょう。


さらに
この大著を翻訳するにあたっての青山先生の裏話やら
イーディ愛に関しては
『翻訳家という楽天家たち』、ちくま文庫、1998年
(この本は専修室にあります)
をめくれば
パラパラ漫画よろしく
イーディの名前が目に飛び込んで来るので
その伝説的な美貌がひしひしと伝わって来て
いやでも参考になります。


最後に、
専修室には
『Factory Girl』のかっちょいいパンフレットもあります。
ここにも青山先生による「イーディの衝撃」という一文が掲載されています。
気になる人はどうぞ。 
[PR]
by waseda-bungei | 2008-03-30 16:19 | 映画