すごい講演会のお知らせ


7月5日の土曜日、
早稲田大学小野記念講堂にて表象文化論学会第3回大会が開催されます。
第一部は東浩紀氏(批評家)・古井由吉氏(小説家)と
本学で教鞭をとられる堀江敏幸先生の鼎談を、
芳川泰久先生が司会されるシンポジウムとなります。

第二部は
小説家・ミュージシャンの川上未映子氏
坂本弘道氏のチェロ
清水一登氏のピアノによるライブ形式のパフォーマンスが上演されます。


なお、当日は整理券配布が予定されています。
入場無料。

表象文化論学会第3回大会

2008年7月5日(土)・6日(日)

早稲田大学・小野梓記念講堂(5日)/東京大学・駒場キャンパス(6日)

■7月5日(土)早稲田大学・小野梓記念講堂(早稲田キャンパス・27号館)

14:00−16:00 第一部:シンポジウム「文学と表象のクリティカル・ポイント」
【パネリスト】東浩紀・堀江敏幸・古井由吉
【司会】芳川泰久  

16:30−17:30 第二部:「かろうじて夏の夜の幻想」
川上未映子・坂本弘道・清水一登



詳しくは専修室前のチラシをご覧下さい。
[PR]
by waseda-bungei | 2008-07-01 12:38 | 講演会