カテゴリ:おみせ( 1 )

古書 往来座 (多岐祐介先生)

雑司ヶ谷(明治通り沿い、池袋駅から5分)に、「古書 往来座」という古本屋があります。

ご主人も、奥さんも、二文表芸の卒業生(2001年卒)で、若き読書人たちの溜り場になりつつあります。ご主人がいるとき、「早稲田の文学部生です」と言うと、マケてくれます。きっと。

青山南先生も、お姿を見せられました。

d0033545_3345162.jpg


コメント:「鬼子母神」の鬼の字に、つのがないのに気がつきましたか。この地名のもとになったインドの女神、訶梨帝母は、はじめは子供をとって食べる鬼でしたが、お釈迦さまに諭されて改心して神さまになったので、雑司ヶ谷の鬼子母神にはつのを書かないのだそうです。(助手・辻村永樹)
[PR]
by waseda-bungei | 2005-05-14 03:38 | おみせ